FC2ブログ
 
■Thank you for your visit!

■プロフィール

kooohei

Author:kooohei
■居住:東京都内某所
■出身:神奈川県横浜市
■職業:会社員
■趣味:水泳・野球観戦・お酒・旅行etc.
■特技:水泳・スキー

コメントお気軽にどうぞ。
マスターズ水泳に30代で目覚め、どっぷりとハマってます。ダラダラやっていた学生時代より速くなり、生涯ベスト開拓を模索する日々。仕事も家庭もあるのでなかなかうまくいきませんが…頑張ってます。

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1500位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

■『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

■ブロとも申請フォーム
【7/13-14】大会結果 (ジャパンマスターズ ①前半戦)
7月13日(金)~14日(土)
ジャパンマスターズ兼アジアマスターズ@名古屋


年に一度のビッグイベントですね。
今年は名古屋開催。私は5年前の大会以来の会場。
外観くらいしか記憶に残っていませんでしたが、行くうちに色々と思い出してきました。
初めてのアジアマスターズを兼ねて、ということでしたので、
どれだけ多くの外国人が来るのかな・・・と思っていましたが、
日本人5000人超に対して、諸外国の方々は300人にも満たない程度。。
意外なくらいに少なかったですね(^^;

一方で、日本人の参加者が増えたように思えますが、
例年8月に開催していた実業団水泳大会が昨年で終了となり、
その代替大会をこの大会に選んだトップスイマーが多かったことも影響しています。
そんなわけで、大会を通じて言えたのは、非常にレベルの高いレースだったということですかね。

【1日目】

私は4日間出場。
金曜日は4月頃からお休みの申請を出していた甲斐があって、なんとか取れました。笑
13日、朝7時ちょうどに東京発の新幹線で名古屋入り。
会場へ直行して9時過ぎに到着。

13日は100m背泳ぎのみのエントリー。
平日ともあって、会場はそこまで混雑していません。
10時半頃スタート予定であったため、急いでアップへ。
サブプールも長水路仕様。ちょっとメイン会場(+更衣室)から遠いのが難点。
ゆっくりほぐすように泳ぎました。
水温はちょうどいい感じで、外の酷暑に疲れた体に心地よい。
700mほど泳いで完了。

招集場所の入り口が狭く、しかも更衣室の入り口やサブプールとメインプールをつなぐ動線が
すべて重なっていたため、50m種目になるととんでもなく混雑しました。
通るのに一苦労するレベル。
ここはこの大会の最大の課題であったような。。
さて、レースの振り返り。


◆100m背泳ぎ。
この大会は参加者が非常に多いこともあって、
エントリータイムがほぼ同じ人がたくさんいてよいですね。
しっかり競い合える(はず)。
私は4レーン。5レーンは2秒くらい速いようなので、3レーンにはしっかり勝てるように。

スタート。RT0.79
久々のバックストロークレッジで、蹴ることに意識がいきすぎました。。
反応が遅い。笑

浮き上がりは悪くない。まずまずスピードを維持して、ターン。ラップ不明。
3レーンにはわずかに勝っている状況か。
前日からあまり寝れていなかったせいか(小学生か?(笑))、やや体の動きが鈍い。
ただ、3レーンとの差は縮ませず、最後は離したかな?ゴール。

タイムは、1:17.85。
ベストにはとどかなかったものの、そこそこよいタイム。
出だしとしては悪くないかな。
ただ、後で知り合いに撮影していただいたビデオを見たら、
後半はレーンの端から端まで斜めに泳いでいました。。
実にもったいない。。(笑)


昼頃まで観戦し、退館。
名古屋駅のホテルに荷物を預け、とりあえず、ひつまぶしを食べました(@稲生)。
妻が妻の両親たちと夕方に合流するとのことだったので、
一旦ホテルに戻って仮眠。
夕方、義妹夫婦の住む名古屋市内の家に集合しました。
久々に姪や甥と遊んで、パワーチャージ?(いや、結構疲れた気が・・・(笑))


【2日目】

この日は、早くから混雑が始まった模様。
前日の夜遅くに名古屋入りしたチームメイトが朝一からアップするとのことで、
場所取りをお願いしました。それでも、一番奥の席(汗)

私は10時前に会場入り。相変わらずの酷暑で陽射しが痛いですね。
来るだけで疲れてしまいます。笑
レースは12時過ぎからなので、11時前にアップへ。
相当な混雑を覚悟しましたが、ほどほどに泳げました。600mくらいかな。
どうでもいいことですが(?)、妻が応援に来るレースは久々です。


◆100m自由形。
長水路のこの種目は、今年初めて。
練習でも100をメインにした場合はほとんど背泳ぎで泳いでいるため、不安しかなし。
とにかく落ち着いて泳ぐこと、呼吸をしっかりとする(特に吐く)ことを忘れなければ、
ひどいことにはならないだろう、と考えてスタートへ。
8レーンからですが、両脇も私と同じエントリータイム。

スタート。RT:0.73
前半は落ち着いて入り、75mから上げていきたい。
9レーンが速攻で後ろにいってしまいました。ん、調子が悪いのかな?
一方の7レーンとほぼ並んでターン。ちょっとターンの入りが悪かったなぁ。
もう1かきできそうでしたが、伸びたターンになってしまいました。

後半、呼吸側に見える7レーンが僅かに先行。
ここは我慢して残り20mで勝負。
少しずつ縮まってきた気がする・・・腕はつらいけどなんとかゴールへ!

タイムは、、1:04.88。
あ、7レーンを交わして勝った。
そして・・・、100分の1秒だけベストだ!

なんと、想定外のベストタイム。
何がよかったのか、、色々と考えましたが、
強いて言うならレースイメージを持って臨んだことでしょうか。
あと、名古屋のプールそのものが泳ぎやすい気がする。

次のレースは200m背泳ぎなのですが、なんと19時過ぎの予定。
7時間も待っていられないということで、妻と外出することに。
クソ暑い中ですが、涼めるところということで名古屋港水族館へ。
休み休み見ながら、イルカやシャチやイワシの大群のショーなどに癒されてきました。

結果、18時頃に会場に戻ったのですが、
それでも多少歩き回ったせいか、脚に結構な張りを感じ・・・
疲労もだいぶあったかもしれませんが、無理やり大丈夫と言い聞かせてレースへ。


◆200m背泳ぎ。
10レーンという端のコース。
とにかく前半からそこそこ攻めて、後半は粘ろうという作戦。 ・・・でしたが。

スタート。RT0.76
浮き上がって少し進んで、いきなり手が壁をなでる。。
「あれ?」曲がってる?異変を感じて修正を試みますが、離れられない。
50mターン後に位置は修正できた模様、ですが、今後は体が動かない。
これは無理だな・・・と感じ、まとめるタイムになるように、消極的な方針転換。

ただ、また100mターン手前でコースロープに急に激突。
どうも激しく曲がっている模様。
こんなことは今までなかったですね・・・その後もなんどかコースロープと戦い、消耗(笑)
ラストになんとかペースを上げたら、残り15mくらいでずっと先行を許していた隣が見え、
意地で抜いて終了。

タイムは、ベスト3秒落ちの2:51.98。
仕方がない。何もできませんでした。
門真のプールの天井が曲がっていて・・・というのは有名な話だったのですが、
ここのプールの天井も曲がっているとは。。
あとでダウンにいったところ、周りの人からも同じような感想を聞きました。

自分だけでなかったことに安堵しつつ、
天井に左右されない泳ぎを身に付けたい、と感じた真夏の夜。

21時前に、普段の練習会メンバーと合流し、
世界の山ちゃんで手羽先を食べまくり、ビールを飲みまくりました。

後半へ続く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<結果>
【1日目】 
◆100m背泳ぎ   1:17.85 (Best+0.20) 【11位/18位】
       RT: 0.79             

【2日目】
◆100m自由形   1:04.88 (Best-0.01) 【31位/59位】
       RT: 0.73 

◆200m背泳ぎ   2:51.98 (Best+2.98) 【11位/18位】
       RT: 0.76
     100m: 1:23.30
     200m: 2:51.98 (1:28.52)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト





大会結果 | 10:08:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ベストおめでとう
1フリベストおめでとうございます。

レースイメージを持って泳ぐ。

大切ですね。

後呼吸はしっかり吐く。ですか?
あまり意識した事がなく、参考になります。
しっかり吐けば自然に吸うという事でしょうか?
2018-07-21 土 05:24:12 | URL | えいじろう* [編集]
Re: ベストおめでとう
えいじろうさん、ありがとうございます!

呼吸は吐くのが重要だと私も聞きました。
これができないと、呼吸時に吸うばかりになり、酸素がなかなか取り込めないので、後半の失速の大きな要因になります。私も呼吸の意識を変えたことで、少しながら後半の失速を抑えることができたと思います。

ぜひ、息継ぎの直前に鼻から息を吐くことをやってみてください!
2018-07-21 土 10:29:21 | URL | kooohei [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する